マツノヒデマサの温泉取材記
中津川温泉 ホテル花更紗 クアリゾート湯舟沢
中津川温泉 ホテル花更紗
(岐阜県中津川市)
ホテル詳細

●温泉泉質 37.4℃のナトリウム−炭酸水素塩泉(重曹泉)
●温泉効能 神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・打ち身・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え性・病後回復・健康増進・切り傷・火傷・慢性皮膚病など

中津川の雄大な自然の中に佇む和風リゾートホテル

中津川温泉 ホテル花更紗 露天風呂 2005年8月、旧東海道・旧中山道を回想する旅で妻と2泊目に中津川温泉「ホテル花更紗」に宿泊した。秀峰・恵那山の山懐に抱かれた一軒宿。隣接して健康温泉館「クアリゾート湯舟沢」があり、浴場からバーデ、プール、ウォータースライダーなど多彩なアクア施設を備えた施設で、夏休みの為日帰り客で満員の盛況ぶりだ。かつて旧中山道の馬籠宿から落合宿に向かう折、すぐ200m手前でこの温泉とは逆の方へ歩くルートであった。突き当たりの左を見るとこのクアリゾート湯舟沢の看板が見えていたが、営業時間帯ではなかったので、入浴は諦めた経緯があった。

中津川温泉 ホテル花更紗 ウォータースライダー フロントで手続きを終え、3階の客室に案内された。客室は10畳に広縁付きの和室で、2名で泊まるには十分だ。ホテルの浴室は石造りの男子大浴場と露天風呂、総檜造りの女子大浴場と露天風呂があるが、クアリゾート湯舟沢が充実しているせいか、小ぶりだ。ホテル施設として、他にレストコーナー、居酒屋、カラオケルームがある。

 早速、2階の連絡通路を抜けて、クアリゾート湯舟沢に行く。フロントでもらった宿泊者無料利用券を受付で提示すると、館内着とバスタオル・フェイスタオルを入れた手提げ袋を受け取る。すでに水着を着ていた私は、後は度付きゴーグルをつけてプールゾーンに入場するだけだ。プールゾーンは、63mのウオータースライダーと20m3コースの室内プールと屋外流水プールと屋外ジャグジーに分かれる。しばらく、妻と屋外流水プールで泳いだり、水中散歩を楽しむ。日中は相当暑かったので、水中での運動はとても気持ちい〜!流れるプールは、泳ぎに弱い私にとっては、都合が良い。妻に「変に思われるから、前を泳ぐ若い子から少し離れて泳いだら」と注意を受ける。ウォータースライダーに挑戦するのが今回の目的のひとつでもあったので、屋内に戻る。
 3階ほどの高さの階段を登り、順番を待つ。ほとんどは家族連れか子供達で、十数人が順番待ちで、赤ランプから青ランプに変わりスタートするのをじっと見守っている。スタートの脇には、スタートの仕方を絵で示している。基本は身体を直角に座って滑り落ちるのだが、スピードを出すには、後ろに身体をそらせて、スピードを殺すには手前に身体を倒すようにするらしい。途中で後ろ向きに落っこちてはみっともないな〜と思いながら、スタート。両手でスピードを殺しながらの走行だったので、すんなりとドボンッとプールに落っこちる。

中津川温泉 ホテル花更紗 大浴場 一通り泳ぎを楽しみ、温泉ゾーンの大浴場に移動してサウナ、露天風呂も全て体験する。温泉はナトリウム-炭酸水素塩・硫化物温泉(重曹泉)で肌のつるつる感が強く感じられる。効能は神経痛、リウマチ、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、打ち身、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復、火傷、慢性皮膚病など。バーデーゾーンのジェット水流と気泡など13種類の機能風呂に行くのを忘れてしまった。日帰り客の家族連れが多く、ここなら小さい子供達も1日安心して楽しめる。疲れたら、畳敷きの和式休憩室や24席のリクライニングチエアがある。隣にはヘルスチエア(マッサージ機)も設置している。

中津川温泉 ホテル花更紗 忍野の富士 温泉健康館やホテル棟に帰る途中、壁に展示してある絵画に気が付いた。健康館のロビー中央に「早春」と題した神戸峰男氏の彫刻や遠山清野作氏の「恵那山」、森島清泰氏の「残照」「古城への道」「蘇州」、遠山幸男氏の「山峡の里」、佐間田敏夫氏の「忍野の富士」など見ごたえのある作品がある。温泉健康館のフロントの女性に訪ねると「ここは中津川市の第三セクター経営で、中津川市の所蔵品で定期的に展示物を替えています」と所蔵リストを調べてくれた。中には140万から450万円で購入したものもあるとか。

中津川温泉 ホテル花更紗 夕食 夕食はホテル1階の広間でいただいた。地酒の冷酒「恵那山」を注文する。食前酒は巨峰ワイン。先付けの枝豆豆腐・干し帆立、前菜・鮎の一夜干し、煮物椀は鱧しんじょうを賞味。鯨の変り揚げはお皿の下に保温用に電熱器が置かれている。まながつお西京焼き、和牛陶板焼きも美味しかった。我が家から持参した自家製の梅干もじゃこご飯に載せて食べた。山の中の半公共施設にしては、なかなかの食材に調理、板長の西尾氏のこだわりが感じられる。
 
 朝食前にホテル周辺を散策する。馬籠への分岐点までたどり、そこから戻り湯舟沢川を渡る。川沿いに下流に向けて6kmにわたり「フイットネスコース」が整備されている。川下に中津川市営の「ふれあい牧場」もある。アクアリゾート湯舟川は夏休みイベントとして、子供ビンゴ大会、鱒つり、流しそうめん、朝市など。隣接する「おおぞら広場」には、ミニサッカー、すべり台、迷路、砂場がある。温泉健康館がオープンして今年10周年を迎え、様々なイベントが行われ、従業員たちの意気込みが感じられる。
(2005年8月)

中津川温泉 ホテル花更紗
(岐阜県中津川市)
ホテル詳細

アスパサービス 旅と温泉の相談室 
全国おすすめの温泉宿
 北海道東北関東甲信越東海 | 北陸近畿中国四国九州
療養・湯治の温泉宿秘湯・異色の温泉宿ペットと泊まる温泉宿スパ・レジャー施設のある温泉宿