北海道・天然温泉かけ流し
塩別つるつる温泉
(取材マツノヒデマサ2005.4)

 湯に入ると「肌がつるつる」なるという至極単純な理由から、つるつる温泉の名がついた。塩別川畔に建つ大自然に恵まれた湯量豊富な1軒宿で、温根湯温泉郷のひとつ。旭川と北見を結ぶ国道39号線沿いにあり、JR石北本線留辺蘂駅下車、送迎車で10分。
  塩別つるつる温泉は、明治30年代に開かれた温泉で、湯治宿として名を馳せた。その後、鉱山(水銀)開発で1936年(昭和11年)に野村興産(株)の前身イトムカ鉱山(株)を興し、野村興産褐o営の保養所(旅館業)として、1950年(昭和25年)に温泉分析交付を受け、1970年(昭和45年)に旅館業を5部屋で営業開始。野村興産(株)は、乾電池産業廃棄物処理業の第一人者として活躍している。 塩別つるつる温泉
 温泉は、神経痛、リウマチ、皮膚病、婦人病、糖尿病に効果がある36度・56度の弱アルカリ性単純硫黄温泉で、ボーリングによる自噴、3つの源泉(2・5・7号泉)がある。大正15年、農業経営の故岩瀬禎助氏がハッカ草の蒸留作業中、誤って全身の大火傷を負い命が危なくなった時に、塩別温泉の湯を自宅に引き湯治をして奇跡的に回復した。そのとき信仰していたお不動様に感謝し、昭和8年に温泉裏の山腹にお不動様をお祀りしたのが、今も残っている。
       
 日帰り用塩別つるつる温泉入り口と宿泊施設からの入り口は異なっている。日帰り客の平日は100人以下だが、土曜日は2〜300人を超え、旧盆や年末年始等の特別日には1000人を超えるという盛況ぶりだ。
大浴場:塩別つるつる温泉 大浴場はタイル張りで、うたせ湯、寝湯、ジェットバスがある。
 大浴場から出て、塩別川支流を渡ると石造りの男女別露天風呂。雑木林の傾斜地が迫り、秋の紅葉時は風情がありそうだ。ここでも豊富な湯のどっとかけ流しは、豪快な気分だ。
 更衣室には飲泉所があり、水道水と温泉水の蛇口がある。口に含むと、弱い硫黄味と甘みを感じる。
「どこの湧出口からも同じ湯がですが、飲用の許可を取っているのがここだけなので・・・」「空きペット容器を持参して、汲んで帰る方もいます。」とフロントチーフの野上洋平氏は語る。最近では、若者がアトピー皮膚病を治しに、また便秘や腰痛、婦人病にも人気だという。宿泊客用の大浴場にもう一つ「竜神の湯」があり、ここの方がつるつるする感じがする。大浴場は、日・木曜日の22時〜翌4時まで清掃のため営業停止。
フロントチーフの野上洋平氏
 効能は浴用で、神経痛、リウマチ、痛風、慢性中毒症、糖尿病、アトピー性皮膚炎、慢性湿疹、しもやけ、慢性掻痒症、神経麻痺、婦人病、不妊症など。飲用で、リウマチ、痛風、神経麻痺、慢性気管支炎、慢性中毒症、便秘、糖尿病など。

お部屋は和室10畳がほとんどで、新館トイレ付き、トイレなし・洗面所なし、別館は10畳+広縁トイレ付き、トイレはいずれもウォッシュレットトイレ。
 別館での夕食は、部屋食で、二の膳のズワイカニ付には驚いた。先付けに蛸山葵など、ブリの塩焼き、竹の子・なめこ入り茶碗蒸し、お造りはブリ・鮪・サーモン・帆立、生イカの納豆添え、鍋は鮭・帆立・はんぺん等の魚介鍋、茄子の肉詰めなど。朝食は1階のレストランでバイキングとなる。40種類はあり、どれも賞味してみたく、目移りがする。温泉水仕立てのコーヒー、北海道ならではの瓶詰めの「オホーツク牛乳」も飲める。(2005.4.マツノヒデマサ) バイキング;塩別つるつる温泉
夕食は
温泉水仕立てのコーヒー


   

詳 細
 

前景

別館客室

 施  設  客室43室 (うち洋室3部屋 和・洋室1部屋 )
 娯楽施設  パークゴルフ場、ゲートボールコート       
 浴  場  大浴場男女各2ヶ所、露天風呂男女1ヶ所
 泉  質   46℃低張性アルカリ性高温泉 源泉かけ流し、塩素投入なし
 効  能 
  飲用:リウマチ、痛風、神経麻痺、慢性気管支炎、慢性中毒症、便秘、糖尿病など。

男女別露天風呂 
「竜神の湯
泉  質  46℃低張性アルカリ性高温泉 源泉かけ流し、塩素投入なし

浴用効能:神経痛、リウマチ、痛風、慢性中毒症、糖尿病、アトピー性皮膚炎、慢性 湿疹、しもやけ、慢性掻痒症、神経麻痺、婦人病、不妊症など。
大浴場
 宿泊料金  1泊2食付き(消費税・入湯料をふくむ)  *宿泊予約は直接お申し込みください。
        別館和・洋室 大人15,900円 小人11,550円
        別館土曜和室 大人12,750円 小人10,500円
        別館平日和室 大人10,650円 小人 8,400円
        新館トイレ付 大人 9,600円 小人 7,350円
        新館トイレ付 大人 8,550円 小人 6,300円
        新館トイレ無 大人 7,500円 小人 5,250円
        新館トイレ無 大人 6,450円 小人 4,200円
        
        ※設備が同じで料金の違いは、主に料理の違いになります。
交  通 
 車:国道39号線北見方面より約45分、国道から400m右手に入る。JR:石北本線瑠辺蘂駅下車、送迎バス10分

 住   所  北海道常呂郡留辺蕊町字滝の湯201
 電話 番号  0157−45−2225 又は 0120−262674
 (直接予約)
 *宿泊予約は直接お申し込みください。
 塩別つるつる温泉 HP:http://www.turuturu.jp/topmenu.htm


ヒデマサの今月の
オススメ癒しの宿


温泉宿紹介100選リスト  ヒデマサの温泉巡浴紀行 療養温泉突撃取材 INDEX
HOME  TOP  異色の宿  
クチコミ情報のレポート

お勧め温泉宿100選リスト


東京都知事登録旅行業第3-3068号

会社案内


Copyright (C) 2005  A Spa Service All Rights Reserve